連合会のご紹介

幼稚園の役割


幼稚園は <子どもがはじめて出会う> 学校です


学校教育のスタートは幼稚園から
学校というと小学校からと、思っていませんか。
幼稚園も学校教育法に基づく学校です。


なぜ3歳から?
3歳になると、子どもは周りへの興味・関心・人とのつながりなどが、急速に広がり、自立へ向かいはじめます。幼稚園は、このような発達を踏まえて、初めての集団生活の中で、一人一人の良さや可能性を伸ばしていくところです。

遊びは大切な学習です
幼稚園は、あそびを大切にした教育を行っています。
この時期に思いっきり遊ぶことで、その後の学びや創造性が、ゆたかになると、言われています。このため、幼稚園では、小学校以降の教育と異なり、教科書を使わず、遊び中心の活動を行っています。これらの遊びは、国語や、算数などと同じようにこどもの将来にとって、重要な学習なのです。


道徳性の芽生えを培う
幼稚園から高校の段階までを見通して、平成12年度から実施されている新しい幼稚園教育要領では、よいことや悪い事の区別、他者への思いやりや、社会的ルールを育てるなど心の教育を充実しています。先生は、一人一人の子どもをよく理解し、子どもが自ら気づき、考えることを大切にしながら、集団生活を通して道徳性の芽生えを培うように指導しています。

幼稚園の保育料等軽減制度


幼稚園の保育料等を軽減する制度には、市町村が事業主体となって実施する「幼稚園就園奨励費補助」があります。それぞれの市町村で様々な実施方法となっていますので、詳しくは各市町村教育委員会へお問い合わせください。

※青森県 幼稚園の保育料等軽減制度については、こちらから


青森県 学校教育課 総務・調整グループ
電話:017-734-9880  FAX:017-734-8270


平成30年度運営方針


 幼児期は人間形成の基礎をなす重要な時期であり、日本の学校教育制度の始期を担う幼稚園教育はいかなる困難があっても、停滞や後退があってはならず、教育条件の維持向上の努めは私たちの責務であります。
 「子ども・子育て支援新制度」が実施され、幼稚園及び認定こども園と、運営形態や補助金の支援形態に違いが生じてきていますが、幼児期の教育については一層の研鑚が必要となってきています。
 平成30年4月から、改正された「幼稚園教育要領」や「認定こども園教育・保育指針」が施行されます。幼児期で育まれる能力は、年齢に応じた子どもらしい学びや、経験を通して身につくものであり、これまで幼稚園教育の中で育んできたものであります。私立幼稚園及び認定こども園ではそれぞれの機能を生かし、未来を生きぬかなければならない子どもたちのためにさらなる教育・保育の質向上に努めなければなりません。
 また、幼児教育に関する基本法としての「幼児教育振興法」の早期成立、幼児教育無償化方針の実施への対応、二歳児の受け入れ対応、教職員等の人材確保、そして幼稚園の永続性を担保できる方策等の課題も残っております。
 一方、都市部においては、待機児童の問題、そして地方での少子化はますます加速し、定員割れ等による経営環境の悪化は私立幼稚園、認定こども園の教育・保育及び、教職員の身分保全に著しく悪影響を与えている現状を踏まえ、国及び県の経常費補助金や市町村の施設給付費等の増額のために、更なる振興活動に努め、園経営の安定化を図ると共に、幼児教育の充実、発展にまい進していかなければなりません。
 公共性と独自性を踏まえた私立幼稚園の教育は、各園の建学の理念による、より良い教育環境を構成して、子どもたちを育むことであります。私達はそのことに深い思いを致しつつ、加盟園一致協力のもとに、私立幼稚園、認定こども園の教育・保育の充実、発展を目指して鋭意努力して参ります。


平成30年度事業計画


■会議・事業等の予定

  • 青私幼
    • 総会の開催 4月26日(木)
    • 園長協議会 9月・2月の2回実施
    • 教員免許更新講習の実施 8月10日(金)
    • 第34回青森県私立幼稚園教員研修大会の開催(弘前大会)
    •    日  時  平成30年8月10日(金)
         会  場  ホテルニューキャッスル弘前
         テ ー マ 「子どもたちの今と未来の幸せを願って」
              ~一人一人の豊かな育ちを支える質の高い幼児教育を~
         第1分科会
            内容 記録の方法と活用
            講師 相馬 靖明 先生
         第2分科会
            内容 日常の保育記録を考える
            講師 石川 悟司 先生

    • 第38回青森県私立幼稚園設置者・園長研修会の開催 (6月16日)
    •    日  時  平成30年9月6日(木)
         会  場  ホテル青森
         講  演
            演題 「私立幼稚園を取り巻く現状と課題(仮)」
            講師 先﨑 卓歩 氏 文部科学省初等中等教育局幼児教育課長(予定)

    • 第6回青森県私立幼稚園新採用教員研修会の開催
    •    日  時  9月1日(土)
         会  場  リンクモア平安閣市民ホール
         講  師  未定

    • 第3回青森県私立幼稚園乳幼児保育研究会の開催
    •    日  時  6月16日(土)
         会  場  ホテル青森
         講  師  冨田 久枝 先生 千葉大学教育学部 教授
          第Ⅰ講座  子どもたちの今と未来の幸せを願って
                ~一人一人の豊かな育ちを支える質の高い幼児教育を~
          第Ⅱ講座  乳児・幼児の発達を踏まえた保育の在り方

    • 青森県私立幼稚園史の編纂・刊行
    • 常任理事会(5回)、理事会(3回)の開催
    • 各委員会の活動
    •   ・総務委員会、振興・経営委員会、教育研究委員会
        ・子ども・子育て支援新制度検討委員会については必要に応じて開催
    • 青私幼通信の発行
    • 広報「青私幼」の発行(1回・12月)
    • 永年勤続者表彰
    • 第32回青森県私立幼稚園PTAのつどい(青森大会)9月10日(月)
    • 青森県私立幼稚園研修補助事業
    • 広報活動の充実
    • 要覧刊行
  • 全日私幼連(30年度)
    • 東北地区団体長会議          31年2月22日(金)
    • 全日私幼連総会            5月23日(水)
    • 東北地区役員会            6月23日(土)・31年2月22日(金)
    • 東北地区設置者・園長研修会 山形大会 6月22日(金)
    • 東北地区教研大会      岩手大会 10月19日(金)・20日(土)
    • 東北地区担当者連絡協議会(教育・経営・政策総務) 11月22日(木)
    • 東北地区事務局長会議         29年2月24日(金)
    • 設置者・園長全国研修大会 栃木大会  10月22日(月)・23日(火)
    • 幼児教育実践学会(東京)       8月17日(金)・18日(土)
    • 全国研究研修担当者会議(京都)

■総務委員会

  • 総会・常任理事会(5回)・理事会(3回)の開催
  • 園長会の開催(9月・2月の2回)
  • 青私幼通信・広報「青私幼」(年1回)の発行(会務の報告と情報提供)及び要覧の刊行
  • 広報活動に関する事項
  • 教職員永年勤続表彰
  • 全日私幼連関連団体との連絡調整
  • 私学諸団体・教育団体との連絡調整
  • 地区会との連絡調整

■教育研究委員会

  • 教員免許状更新講習の実施 8月10日
  • 第34回青森県私立幼稚園教員研修大会の開催(弘前大会) 8月10日
  • 第3回青森県私立幼稚園乳幼児保育研究会の開催 6月16日
  • 第6回青森県私立幼稚園新採用教員研修会の開催 9月1日
  • 研究調査活動
  • 地区会研究活動の推進

■振興・経営研究委員会

  • 私立幼稚園振興のための渉外活動
  • 私立幼稚園補助金の増額運動と方策の検討
  • 青私幼PTA大会の開催、その他PTA連合会事業の推進
  • 全日私幼連振興活動への協力
  • 102条園に対する支援
  • 経営全般の研究
  • 第38・39回青森県私立幼稚園設置者・園長研修会の開催
  • 全日私幼連東北地区設置者・園長研修大会への協力と参加


幼稚園讃歌

全国々公立幼稚園長会 日本私立幼稚園連合会

鹿 島 鳴 秋 作詞
山 本 雅 之 作曲
  
一 四季を彩る 花ばなは
   咲いて匂うよ おさな子に
   伸びる若芽を 限りなく
   永遠に育む われらのつとめ
   ああ 大いなる 栄えある道よ  

               二 遠い海路の 果てまでも
                  歌はひびくよ おさな子の
                  胸に希望の 手をつなぎ
                  ひとりひとりが 夢みる瞳
                  ああ 尊くも 栄えある子らよ  

                            三 空はかがやく 陽の光り
                               夢も匂うよ おさな子に
                               みなの手に持つ 花ばなの
                               開くあしたを よろこび祈る
                               ああ 栄えあるはわれらのつとめ